λ沢.dev

lambdasawa.dev


Project maintained by lambdasawa Hosted on GitHub Pages — Theme by mattgraham

まず 黒本 を読んで基礎知識を固めつつ、どのサービスが試験に出るか把握しました。
一通り読み終わったら黒本に出てきた各サービスごとに Blackbelt の動画を見て、 FAQ (EC2 の場合はこれ) を読みました。

Blackbelt は食事をしながら見たり、仕事中に 5 分以上かかるビルド待ち時間が発生したタイミングで見たりしてました。
SlideShare にも資料はアップロードされていますが、自分はそれだけ見てもよく分からなかったので動画を見ました。
動画を見るのは時間がかかりますが 1.25 ~ 1.5 倍速くらいで再生しても十分に聞き取れると思います。

FAQ はそのサービスの特徴や類似したサービスとの使い分けなどが簡潔によくまとまっているため、この FAQ は単に疑問があるときに手っ取り早く答えを探す場所以上の価値があると思います。
自分は細部は飛ばしつつ各サービスの FAQ は一通り上から下まで順番に読んでいきました。

ここまでである程度のインプットされた状態になったはずです。
分かってない場所の洗い出しのためには Udemy の問題集 を使いました。
洗い出された要素については改めて Blackbelt, FAQ を見て疑問点を解消していきました。

本番試験より難易度高めの設定になっているようなので、これをやっておけば本番の日に安心して試験を受けられるなと思い、これを選択しました。
自分の場合、演習テストを受けた結果の得点は 63%, 66%, 69%, 40%, 67% で、一度も合格ラインである 70% に到達しませんでしたが、本番の得点は 804/1000 点でした。
なのでこのテストで合格点を取れるなら余裕を持って当日も合格できると思います。