λ沢.dev

lambdasawa.dev


Project maintained by lambdasawa Hosted on GitHub Pages — Theme by mattgraham

AWS IAM

IAM Policy

どういう条件下で何に対してどんな操作が許可/禁止されているかを表すもの。 IAM Role, IAM Group, IAM User にアタッチして使用する。

いくつか種類がある。

その他リファレンス:

リソースベースポリシー

IAM User, IAM Group, IAM Role などにアタッチはせず、 S3 Bucket などのリソースに設定するポリシー。

一般的には IAM Policy かリソースポリシーのどちらかで許可されていれば操作可能。 ただしアカウントをまたいだ操作の場合は、どちらかではなく両方で許可されている必要がある。

IAM Role

主に AWS リソースに対して割り当てるもの。

IAM Policy をアタッチできる。

sts:AssumeRole の API を IAM Role に対して呼び出すことによって、 IAM Role にアタッチされたポリシーの権限を持った一時的なアクセスキーを取得できる。

信頼ポリシー (assume role policy、信頼関係) に誰が (どの principal が) この IAM Role を使えるか指定することによって使えるようになる。 principal として代表的なものは、 AWS リソース ({"Service": ["lambda.amazonaws.com"]}) 、AWS アカウント ({"AWS": "123456789012"}) など。

IAM Group

グループ。部署や役割(開発者、運用担当、管理者など)ごとに1つ。

IAM Policy をアタッチできる。

IAM User

個人。一人につき一つ。

IAM Policy をアタッチできる。

AWS のアクセスキーは IAM User に紐づく。 ただし、アクセスキーを発行すること自体が推奨されていない。 可能な限り IAM User のアクセスキーを使用するのではなく、 IAM Role を使うことが推奨されている

IAM Policy を直接ユーザに紐付けることもできるが、二重管理になりやすいので IAM User より IAM Group に IAM Policy を紐付けるべき。

AWS アカウント

数値12桁のアカウント ID で管理される。 個人のものではない。 1つの AWS アカウント内に複数の IAM User, IAM Group, IAM Role などがある。 よくある使い方ではサービスやその環境ごとに1つのアカウントを作る (Hoge サービスの開発環境用アカウント、本番環境用アカウントなど…)。

AWS Organizations

複数の AWS アカウントをまとめて管理するためのサービス。

SCP (サービスコントロールポリシー)

TODO

パーミッションバウンダリー

TODO

参考