λ沢.dev

lambdasawa cheatsheet

JSON tools

tools

jq

https://stedolan.github.io/jq/manual/

pretty print したり独自のクエリ言語で一部の要素を抜き出したりできる。

詳しくはこちら

jless

https://jless.io/user-guide.html

vim っぽいキーバインドで JSON を閲覧できるコマンド。 シンタックスハイライトがあったり人間にとっては無益なクオートが表示されなかったり、とても人間にとって読みやすいフォーマットで表示される。

j, k でフィールドを移動して h, l で畳み込みと展開ができる。

/ で検索ができる。

* で現在選択中のオブジェクトの兄弟に当たるオブジェクトの同名のフィールドの位置に移動する。

{
  "items": [
    {
      "id": 123,
      "foo": 1    // 要はここから
    },
    {
      "id": 456,
      "foo": 2    // ここに移動できるという意味
    }
  ]
}

* と同じ要領で逆向きに移動するには # を押す。

yy で選択中のノードをクリップボードにコピーできる。

gron

https://github.com/tomnomnom/gron

JSON を grep しやすいテキストに変換する

$ curl -sSL "https://api.github.com/repos/lambdasawa/lambdasawa" | gron | grep owner
json.owner = {};
json.owner.avatar_url = "https://avatars.githubusercontent.com/u/9388092?v=4";
json.owner.events_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/events{/privacy}";
json.owner.followers_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/followers";
json.owner.following_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/following{/other_user}";
json.owner.gists_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/gists{/gist_id}";
json.owner.gravatar_id = "";
json.owner.html_url = "https://github.com/lambdasawa";
json.owner.id = 9388092;
json.owner.login = "lambdasawa";
json.owner.node_id = "MDQ6VXNlcjkzODgwOTI=";
json.owner.organizations_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/orgs";
json.owner.received_events_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/received_events";
json.owner.repos_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/repos";
json.owner.site_admin = false;
json.owner.starred_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/starred{/owner}{/repo}";
json.owner.subscriptions_url = "https://api.github.com/users/lambdasawa/subscriptions";
json.owner.type = "User";
json.owner.url = "https://api.github.com/users/lambdasawa";

gron して grep で絞ったテキストを gron -u で再度 JSON に戻すこともできる。

$ curl -sSL "https://api.github.com/repos/lambdasawa/lambdasawa" | gron | grep owner | gron -u
{
  "owner": {
    "avatar_url": "https://avatars.githubusercontent.com/u/9388092?v=4",
    "events_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/events{/privacy}",
    "followers_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/followers",
    "following_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/following{/other_user}",
    "gists_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/gists{/gist_id}",
    "gravatar_id": "",
    "html_url": "https://github.com/lambdasawa",
    "id": 9388092,
    "login": "lambdasawa",
    "node_id": "MDQ6VXNlcjkzODgwOTI=",
    "organizations_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/orgs",
    "received_events_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/received_events",
    "repos_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/repos",
    "site_admin": false,
    "starred_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/starred{/owner}{/repo}",
    "subscriptions_url": "https://api.github.com/users/lambdasawa/subscriptions",
    "type": "User",
    "url": "https://api.github.com/users/lambdasawa"
  }
}

difft

https://github.com/Wilfred/difftastic

$ cat foo.json
{
  "text": "Left value"
}

$ cat bar.json
{
  "text": "Right value"
}

$ difft --display inline foo.json bar.json
foo.json --- JSON
1    {
2      "text": "Left value"
   2   "text": "Right value"
   3 }

jc

https://github.com/kellyjonbrazil/jc

jc ls とするとカレントディレクトリが JSON で出力される。 jc ps とするとプロセス一覧が JSON で出力される。 サポートされているコマンドは他にも多数ある。

/etc/hosts, /etc/fstab などをパイプで JSON にすることもできる。

$ cat /etc/hosts | jc --hosts | jq
[
  {
    "ip": "127.0.0.1",
    "hostname": [
      "localhost"
    ]
  },
  // ... 省略 ...
]

# docker compose のサービス一覧を確認
$ cat docker-compose.yml | jc --yaml | jq -r '.[0].services | to_entries[] | .key'
mysql
redis
app

# GitHub の RSS を XML としてパース最新バージョンを確認
$ curl -sSL https://github.com/docker/docker/releases.atom | jc --xml | jq -r '.feed.entry[0].title'
v20.10.17

# ifconfig の結果を JSON に変換して jq でフィルタリングしてローカル IP アドレスを確認
$ jc ifconfig | jq -r '.[] | .ipv4_addr | select(. != null) | select(. != "127.0.0.1")'
xxx.xxx.xxx.xxx

xml, yaml, csv, ini, .env もパイプで JSON にできる。

$ curl -sSL https://github.com/cli/cli/releases.atom | jc --xml | jq -r '.feed.entry[] | .link["@href"]'
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.5.2
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.5.2-pre0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.5.1
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.5.0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v9.9.9-test
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.4.0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.3.0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.2.0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.1.0
https://github.com/cli/cli/releases/tag/v2.0.0

pup

https://github.com/ericchiang/pup

HTML を CSS セレクターで絞り込める。 絞り込んだあとは HTML を JSON に変換できる。

$ http example.com | pup 'h1 json{}'
[
  {
    "tag": "h1",
    "text": "Example Domain"
  }
]

fx

https://github.com/antonmedv/fx

JS と互換性のあるクエリで jq のようにクエリを絞り込める。 また lodash で定義されている関数がデフォルトで使えるし、 ~/.fxrc に設定を書くことで関数を自分で定義することもできる。 さらにクエリ無しでコマンドを呼び出すと vim ライクなキーバインドでインタラクティブに JSON を閲覧できる。

かなり多機能だが、クエリを書くという点では他の多くの人が使っている jq に合わせるほうが無難なシーンも多いし、インタラクティブに見る機能については jless の方が優れていると思う。 無人島に一つしか JSON を操るコマンドを持っていけないなら fx を持っていくが、そういう状況になったことはないのであまり使っていない。

jql

https://github.com/yamafaktory/jql

jq ライクな Rust 製のコマンド。 jq ほどサポートしている操作は多くない。

代わりに jq を使っている。

jiq

https://github.com/fiatjaf/jiq

jq と互換性のあるクエリを書きながら JSON をインタラクティブに絞れる。

絞り込んだ後にエンターを押すとデフォルトでは絞り込んだ結果の JSON が標準出力に出る(パイプに流せる)。 -q オプションを付けた状態で、絞り込んだ後にエンターを押すとクエリ自体が出力される。

1回だけ手動でデータを取得したいだけなら後述の jless を使うほうが恐らく楽。 シェルスクリプトなどで何かしら自動化する余地があるなら jq のクエリが必要になるので jiq -q が便利。

代わりに curry jq を使っている。

jid

https://github.com/simeji/jid

jiq と似ている。クエリを書きながら絞り込んで行くタイプ。 しかし別に jq と互換性があるわけではない。 例えば [{"id": 1}, {"id": 2}].[] というクエリで処理した結果は jiq では null になる。

代わりに curry jq を使っている。

cookbook

yaml2json, yml2json

jc --yaml

xml2json

jc --xml

html2json

pup 'body json{}'

その他