λ沢.dev

lambdasawa cheatsheet

TypeScript

仕事ですぐに使えるTypeScript

サバイバルTypeScrip

JavaScript Primer

ライブラリを探すやつ

Utility Type

TypeChallenge

typesync && ncu

npx typesync && npx npm-check-updates -u && yarn
npx typesync && npx npm-check-updates -u && npm i

https://github.com/millsp/ts-toolbelt

依存のリスト化

cat (fd package.json) | jq -rs 'map((.dependencies // {}) * (.devDependencies // {}) | to_entries | .[] | .key) | unique | sort | .[]'

bundle

https://github.com/microsoft/TypeScript

https://github.com/evanw/esbuild

ファイル変更検知してビルド + node コマンドで実行。 型チェックはされない。

esbuild src/index.ts --bundle --watch --platform=node --outfile=dist/index.js
node dist/index.js

https://github.com/swc-project/swc

ファイル変更検知してビルド + node コマンドで実行。 型チェックはされない。 -wchokidar に依存する。

swc src/index.ts -o dist/index.js -w
node dist/index.js

https://github.com/vercel/ncc

ncc で直接実行 (型チェックをスキップして高速化)

ncc run src/index.ts --transpile-only

ファイル変更があったらビルド (型チェックをスキップして高速化) + node コマンドで実行

ncc build src/index.ts --transpile-only --watch
node dist/index.js

型チェックしてビルド

ncc build src/index.ts --minify

https://github.com/egoist/tsup

利用例

--watch でファイルの変更を検知してコンパイルを実行し、 --onSuccess でコンパイル成功後に任意のコマンドを実行できるのが特徴的。

tsup src/index.ts --watch src/ --onSuccess 'node dist/index.js'

こんな感じのコマンドを npm run dev で実行できるようにしておくと便利。

--env.API_KEY abcd1234 みたいなオプションを付けるとビルド時に環境変数を注入できる。

ライブラリも含めてバンドルして単一ファイルにすることは出来なさそう。 tsup でバンドルしたファイルをライブラリとして配布するのは有効だが、アプリケーションとして配布する場合は node_modules もあわせて配布する必要がある。

--dts オプションをつけると型チェックが行われる。

https://github.com/babel/babel

https://github.com/webpack/webpack

https://github.com/TypeStrong/ts-node

https://github.com/wclr/ts-node-dev

https://github.com/rollup/rollup